受付時間:9:00~17:00お問い合わせフォーム

系譜とチカラ

昭和後期の織物

昭和後期に生産された紬などの手織物は、
日常品から高級品、工芸品へと趣向を変えて生産を続けてきました。

昭和前期(1926-1957)は、明治・大正からの流れを引き継ぎ、着物での暮らしが主流をしめていました。
対して昭和後期(1958-1989)は、戦後の荒廃から立ち上がり、高度経済成長により世界が驚くような復興を成し遂げました。
人々が豊かな生活を手に入れたのと並行して洋装化が進み、和服は日常から急速に衰退してゆきました。


特に紬織物は、殆どが農作業の合間の手仕事による家内生産で成り立っていて、手間のかかる手織物は、原料の不足、織り手の高齢化、人件費の高騰などにより、質の良い織物を織ることは困難になりました。こうした厳しい環境の中、何代にも渡り良い製品を作るために、良質な原料の確保、最高の技術と織手による付加価値の高い貴重な織物として生まれ育ったものです。

絵羽eba

絵羽は、おもに和服の身頃(みごろ)から袖(そで)まで連続するような模様を指すが、
ここでは、反物の巾の織物を和服の形に縫ったものも「絵羽」としている。

  • 紅花絵羽織(べにばなえばおり)山形県/絹

    紅花絵羽織(べにばなえばおり)

    最上紅花と藍で染めた絹糸で織った織物。江戸時代を通じて日本各地で紅花の栽培が行われていたが、山形の紅花は高品質で知られる。紅花の花には黄色のサフロールイエローと赤のカルサミンの2種類の色素がある。紅花染めは自然の草木を染料として使う草木染めのなかでも、花だけを使用する珍しい染め物である。

  • 吉野間道(よしのかんどう)東京都/絹

    吉野間道(よしのかんどう)

    平織の上に地厚な吉野格子を表現した完成度の高い織物。江戸時代、京都の豪商、灰屋紹益が寛永の三大名妓とうたわれた吉野太夫に贈ったといわれる古渡物の名物裂が吉野間道。後に紹益は吉野太夫を見受けし妻に迎えたと言われている。平織の上に地厚な吉野格子を表現した完成度の高い織物。江戸時代、京都の豪商、灰屋紹益が寛永の三大名妓とうたわれた吉野太夫に贈ったといわれる古渡物の名物裂が吉野間道。後に紹益は吉野太夫を見受けし妻に迎えたと言われている。

着尺kijaku

着尺は、和服用に織られた反物で、大人用の着物一枚を作るのに必要な幅と長さのもの。
ちなみに、羽織用に織られた反物は羽尺と呼ぶ。

  • 紅型宮古上布
    (びんがたみやこじょうふ)沖縄県/手績み苧麻

    紅型宮古上布(びんがたみやこじょうふ)

    宮古上布を素材に用いた紅型の帯。宮古上布は、手績みの苧麻を原糸として盛夏向け最高級の織物である。また、紅型は顔料で染めるため、華やかな色合いと大胆な配色により夏の青い空と海、強い日差しの下で映える。

  • 首里花織
    (しゅりはなおり)沖縄県/絹

    首里花織(しゅりはなおり)

    琉球王朝の城下町として栄えた首里で織られたた士族以上の着衣の織物。首里では、王府の貴族や士族のための織物技術が育ち、色柄や優美さ、格調などが追及された。花織をはじめ首里の織物は、全ての行程を手作業で一貫して生産する、少量多品種の生産形態で、現在もそれを引き継いでいる。

obi

帯は、着物の上から腰のまわりに巻いて結び、着物を体に固定させる細長い布製の装身具。

  • 首里手縞(しゅりてじま)沖縄県/絹

    首里手縞(しゅりてじま)

    格子模様の中に琉球絣が入った模様の織物。手嶋は首里の王族や士族階級の女性の着尺を指す言葉で、商家のモノは白髪綿衣と呼ばれた15世紀頃の琉球王朝の首都は首里であり、中國や南方、日本との交易が盛んにおこなわれ、文化の中心で、様々な染織品を産み出した。首里の手縞もその中から生まれた織物である。

  • 越前石田縞(えちぜんいしだじま)福井県/木綿・竹糸

    越前石田縞(えちぜんいしだじま)

    越前鯖江の下石田で農家の副業のために織られた木綿の縞織物。鯖江の下石田に住む、高島善左衛門は貧しい村人を救うために文政年間に美濃で縞織物を習い、織工を招いて工房を建て近在に広がった。しかし、機械化や化学繊維の普及で途絶えたが、昭和後期頃に復興された。

27人の織人おりびと がつなぐ
ひとつだけの

織連帯おりれんたい

織連帯は全国の織人に経糸(和紙糸)を渡し、緯糸は各自絣(かすり)など自由に30センチぐらい、「織りつなぐ」ことを依頼しました。
織人にとって誠に迷惑なお願いを致しました。
参加戴いた作家の方々に厚く御礼申し上げます。

「昭和後期の織物」

A4版/134p/上製本
定価 5,500円(税込)

・絵羽24点/着尺44点/帯28点
・たらま紅紬
・諸紙布
・織連帯(中綴じ)
※ギャラリーショップにて発売中

取扱い先はこちら
お問い合わせ:0774-43-8086

TOP